English Japanese

製品情報

ホーム > 製品情報 > 研削盤 > CNC円筒サーボ研削盤
円筒サーボ研削盤
円筒研削盤

CNC円筒サーボ研削盤

静圧液体サスペンション電動スピンドルを採用し、高剛性、高回転速度、低振れ、高研削力を実現します。

CNC円筒サーボ研削盤モデル:

GP32
J2
アプリケーション:
- 自動車産業及び航空宇宙産業、
- 切削工具製造
- 金型製作


製品詳細

機械名:Servo Surface CNC円筒研削盤

モデル: MS8320x500

加工物品名:

a. 品名:パンチ

b.材質:HSS

c.研削前の要件(詳細については、研削前プロセスの図面を参照してください)

 

加工計画:(1回のクランプ工程で一ステップずつ研削する)

a.工作機械制御システムには、日本の Rhenium株式会社(クランクシャフト専用システム)CNCシステムとデジタルACサーボドライブを採用しています。 4軸3リンク制御により偏心追従研削を実現し、一度のクランプで複数の円筒研削を完成させることができます。

b.この工作機械にはMarpossの精密プローブが装備されており、中心穴の誤差を排除し、軸方向の位置決めと角度位置決めをきちんと実現します。

c.主軸台にはDDモーターが使用されており、このモーターはCNCシステムによって制御され、主軸台のスピンドル回転と研削ホイールフレームのリニアモーターの送りをリンクして、非円形のプロファイル研削を実現します。

d.研削砥石フレームの送りは AC サーボリニアモーターによって駆動され、閉ループ制御を形成するための格子定規が装備されています。 送りガイドレールはリニアローリングガイドレールを使用しており、正確かつ高感度な送りを保証します。

e.工作機械砥石主軸システムは動静圧軸受直結ディスクモーターを採用し、CBN砥石を装備し、線速度80m/sの一定速度で研削します。

f.偏心軸の外径を直線切削により自動研削します。 ロードとアンロードは手動ですが、残りの研削作業サイクルはすべて自動的に完了します。

g.フロントダイヤモンドローラーで砥石をドレッシングし、自動ドレッシングと自動補正を実現します。

h.研削作業手順の概要: まず、動圧オイルポンプ、油圧ポンプ、潤滑ポンプを起動し、サブルーチンにより砥石をドレッシングし、手動でワークを投入します。 ワークを正確に位置決めした後、フットスイッチでワークをクランプし、手動でドアを閉め、サイクルボタンを押します。 位置決めが正しくなった後、主軸台が同期して回転し、冷却ポンプが水の供給を開始し、砥石フレームが早送りでワークに近づき、次に砥石フレームが粗送りし、また、お求めのサイズに応じて、次に仕上げ研削と非火花研削を行います。砥石フレームが素早く元の位置に後退し、ヘッドフレームの回転が停止し、クーラントの供給が停止し、手動でドアが開き、ワークを手動でアンロードします。これで一回の自動サイクル加工が完了します。 設定した枚数の加工が完了すると自動的に砥石ドレスプロセスに入り、サブルーチンにより砥石をドレスし、自動補正します。

 

機械加工精度(標準テスト品):

a.真円度: ≤0.003

b.円筒度: ≤0.008

c.表面粗さ:外円:Ra≦0.32μm

d.C軸角度:±0.0020

CNC円筒サーボ研削盤モデル概要

研削盤

1.MS8320シリーズ追従CNCクランクシャフト研削盤は可動砥石フレーム構造を採用しています。 機械全体の小型化が生産ラインの省スペース化に繋がっています。 砥石フレームの自動送り、荒研削・仕上げ研削、作業台の自動ギアスキップ、砥石の自動ドレッシング、ドレス後の自動補正等の機能を備えています。 この機械がワークの外周と端面ともを一回の研削でに実現、一度のクランプで複数ステップをの連続研削をすることができます。 このプロセスではプログラム化及びバッチ化できるため、生産サイクルが短縮され、お客様は優れた経済的メリットを得ることができます。

2.ベッドフレーム

ベッド一体構造が研削盤全体の剛性を考慮して作ったものです。 鋳物は杭州機械鋳造有限公司が製造した特注の高級HT300で作られており、二次時効処理が施されています。 ガイドレール研削後、またガイドレールと主接合面を手作業で削ります。 大きい水タンク設計により、冷却水の循環がスムーズになります。

3.制御システム

CNCシステムにはPLCとカラーLCDディスプレイを装着した日本製Lenac(クランクシャフト専用システム)が採用されています。 操縦員は人間と機械の対話を通じて表示画面を通じて研削パラメータを設定し、研削プロセスのサイクルを編集し、機械の自動研削を実現できます。 中国語のカラーLCDディスプレイ、内蔵工作機械コントロールパネル(軸選択スイッチ、インチングツール設定、早送り、主軸速度設定等)、X軸とZ軸のリンクにより、直線送りと直線補間及び円弧補間を実現 2つの軸、 電子ハンドル操作の共有化(×1、×10、×100倍率切替付き)、ネジピッチ誤差補正、バックラッシ補正、砥石ドレッシング補正、自己診断等の機能を実現できます。 PCとの通信インターフェース(RS232インターフェース)を持ち、メモリーカードを搭載しています。

4.伝送方式

砥石枠送り機構はクロススライドを採用し、X軸とZ軸の連動を実現しています。 X軸とZ軸の移動ガイドレールには、大きな支持力と高い送り感度を備えた中国Taiwan Shangyin製の頑丈なボールガイドレールが装備されており、砥石フレームの送り精度を保証します。 X軸送りには日本製Sodickシリーズリニアモーターを採用しています。 高精度のスペイン製ファゴール格子定規と組み合わせてクローズドループ制御を実現し、リニアモーターには冷却装置を装備しています。

5.砥石軸

砥石フレームモーターは新世代のディスク型ダイレクトドライブモーターを採用し、動圧スピンドルと静圧スピンドルに直接接続されており、従来のベルトドライブに起因する振動と騒音問題をうまく解決し、全領域で高トルクを伝達し、より速い加速と減速を実現します。良好なサーボ応答性と剛性、高ノイズと低ノイズ。 スピンドルは超精密動圧スピンドルを採用しており、静止時には十分な静圧支持能力があり、回転時には強力な動圧力と超高精度を発生できます。 主軸は金属接触がなく常に油膜上に浮いているため、超高精度を長期間維持できます。 素晴らしい動的剛性と耐荷重能力はボールベアリングスピンドルの何倍で、切削精度が向上し、工作機械の剛性と精度の最適な組み合わせが保証されます。 国産CBN研削砥石を搭載し、線速度80m/sの一定線速度で研削します。

6.ヘッドフレーム

工作機械主軸台の主軸は主軸直結構造のDDモータを採用し、冷却機能を備えていて、硬度がモース4#です。 CNC システムによって制御され、主軸台スピンドルの回転と砥石フレームの送り動作をリンクさせて、非円形プロファイル研削を実現します。

7.心押し台

剛性の高い心押し台、スリーブは高密度ボールベアリング構造を採用しており、スリーブのラジアル方向の動きはゼロです。 スリーブとスチールスリーブ間のラジアルすきまばめがゼロであることを保証します。 心押し台の動力源は油圧単動で、トップナンバーはモース4#です。 異なる長さのワークを研削する場合は、六角ボルトを緩めて心押し台を押して、作業台に沿って長手方向に希望の位置まで心押し台を移動させることができます。
8.測定システム

工作機械には端面・コーナー測定器が装備されており、端面誤差やコーナー位置を検出します。

9.砥石バランス・バックラッシ除去システム

工作機械には、オンライン動的バランシング、バックラッシュ除去、衝突防止装置を装備することができます。 研削加工で発生する高周波信号を監視・解析し、研削製品の品質や砥石のドレッシングの品質を自動監視できます。

10.切断冷却システム

大流量冷却ポンプと200Lの大容量紙ろ過水タンクを装備し、ろ過精度30umで冷却水の清浄度を十分に確保し、研削ワークの非常に高い仕上げを実現します。 多段遠心ポンプが装備されており、流量は6m3/h、揚程は18m、出力は0.55Kw、手持ち式洗浄水銃が装備されています。

11.油圧(ベッドから分離)、潤滑、空圧システム

油圧システムは、独立した独立したオイルタンクの総合的なレイアウト設計を採用しています(合理的なレイアウトと配置、床面積の削減)。 作動油タンクには油圧、フィルタエレメントの目詰まり、油面低下警報機能があります。 砥石枠主軸潤滑油タンクには温度管理、フィルターエレメントの目詰まり、警報機能が付いています。 また、油面低下や圧力損失保護等の警報機能、アキュムレータを搭載しています。

a.オイルポンプや電磁逆転弁等の油圧機器はすべて合弁製品です。

b.独立油圧ステーションはN32作動油を使用し、圧力計表示と液面警報機能を備えています。

c.すべての油圧配管はきれいに配置しています。

d.空気圧部品はすべて台湾Yadeke製品です。

12.ドレッサー

ダイヤモンドローラードレッサーはヘッドフレーム側面に高速電動スピンドルを装備しています。 ニーズに応じて、X軸とZ軸を連動させることで自動ドレッシングや自動補正を実現します。

 13.工作機械の保護

工作機械には安全基準を満たした保護室を採用しており、きれいでクーラントの飛散を防ぐとともに、安全な操作を確保しています。 工作機械の各ガイドレールには、工作機械内への切粉やクーラントを防ぎ、ガイドレールやボールねじを磨耗から保護する保護カバーが付いています。

a.工作機械用保護カバーは耐食性、耐摩耗性に強いオルガン式保護カバーを採用しています。

b.前面保護扉には安全ドアスイッチ連動保護装置が装備されており、作業者の安全を確保します。

c.観察窓には強化ガラスを採用しています。

d.ハイパワーオイルミスト集塵機を持っています。

14.電気系統

操作しやすくするために、多機能サスペンションアームが採用され、電気ボックスの内部には LED 照明が装備されており、システムには折りたたみ可能な 3 色アラームライトが装備されており、システムパネルには動作状態表示の赤.緑インジケータライトが装備されています。

a.主要電気部品は有名ブランド品を使用しております。

b.電気キャビネットには除湿冷凍装置が設置されています。

c.回路には短絡保護装置、過負荷保護装置、過熱保護装置が装備されています。

d.工作機械のボタンステーションには非常停止ボタンが装備されています。

e.工作機械照明は24V防水スポットライトを採用しています

工作機械には 3 色の警告灯が装備されており、その意味は次のとおりです。

緑:正常状態

赤:故障警報

黄:砥石のデバッグとドレス

15:工作機械各部の潤滑方法

ボールねじナット:潤滑ポンプによる定期的なオイル潤滑

リニアガイドレール:潤滑ポンプによる定期的なオイル潤滑

作業台ガイドレール:オイル潤滑必須

砥石枠主軸軸受:動静圧油タンクより循環油供給

ヘッドストックプーリーベアリング:リチウムグリス

スケッチ・スペック

関連製品

お問い合わせ

気軽にメッセージください。いつでもどこでもお待ちしております。