ニュース

CFRP材用ロウ付けカッティングディスクの事例

September 02, 2022

CFRPとは?

炭素繊維強化複合材料は、炭素繊維強化ポリマー (CFRP) と呼ばれております。で、炭素繊維とは、炭素含有量が 90% 以上の高強度および高弾性繊維を指し、 アクリル繊維とビスコース繊維を原料とし、高温酸化炭化を経て作っている優質材料で、主に、 航空宇宙やその他のハイテク機器の製造に使っています。

炭素繊維は主に炭素で構成されており、柔軟で、高温耐性、摩擦抵抗、熱伝導性、耐食性等の特性があり、さまざまな生地に加工できます。また、繊維軸に沿ったグラファイト微結晶構造の優先配向のため、軸方向の強度と弾性率が高いです。 またまた、炭素繊維の密度が小さいため、比強度と弾性率が高くなります。

CFRP材用ロウ付けカッティングディスクの事例 真空ロウ付けダイヤモンドツール

CFRPの適用範囲:

炭素繊維強化複合材料の主な用途は、強化材料として、樹脂、金属、セラミック、炭素と複合して、高度な複合材料を製造することです。 炭素繊維強化エポキシ樹脂複合材料の比強度と弾性率は、既存のエンジニアリング材料の中で最高です。

炭素繊維は、航空宇宙、自動車、エンターテイメント、及び医療用途の高負荷構造に最適です。 また、風力発電、エネルギー、化学産業でも広く使用されています。

炭素繊維複合材料は、炭素繊維強化材料と樹脂をマトリックス材料として構成されています。

炭素繊維用ロウ付けカッティングディスクの事例炭素繊維用真空ロウ付けダイヤモンドカッター炭素繊維切断ブレード

カーボンファイバーは、車のフレーム、シート、キャビンカバー、ドライブシャフト、バックミラー等に使用されており、自動車用炭素繊維にはいくつかの利点があります。

 

軽量化:電気自動車は今めっちゃ流行っていますが、短距離用バッテリー技術のため、その開発を制限するボトルネックになっており、ボディ構造と材料交換によってのみ解決できます。その時、 重量はスチールの半分、アルミニウムの 3 分の 1 である炭素繊維複合材が現れました。そのおかげで、超長時間バッテリーと省エネを実現できました。

 

快適性:炭素繊維の柔らかい引張性能により、車両全体の騒音と振動の制御が改善され、車の快適性が大幅に向上します。

 

信頼性:炭素繊維は疲労強度が高く、衝突エネルギーの吸収性が高いため、車両の軽量化が実現できる同時に、強度と安全性を維持し、軽量化による安全リスク係数が減少できます。

 

寿命上げ: 車の一部は防食必要で、また、高温、低温、煙のテストに合格する必要があります。通常の金属部品はさまざまな環境での耐用年数を保証できません。 炭素繊維は腐食や錆がないため、自動車部品の寿命を延ばします。

最近、ろう付け切断ブレードがほしいとおっしゃったスペインのお客様がいて、問い合わせは次のとおりです。

炭素繊維切断用真空ロウ付けダイヤモンドディスク真空ロウ付けダイヤモンドディスク

 

 
真空ロウ付けダイヤモンド切断ディスク

D301 

加工物

カーボンファイバー

CFRP 材料を切断する場合は、真空ろう付け切断ディスクをお勧めします。 精度にこだわる方は、是非気軽にwing@moresuperhard.com  に連絡してください。お待ちしております。


タグ:   CFRP材用ロウ付けカッティングディスク 真空ロウ付けダイヤモンドディスク 真空ダイヤモンド切断ブレード
前のページ:ノー
次のページ:ギア穴加工砥石
 
Facebook
 
Twitter
 
LinkedIn
 
googleplus
 
youtube
 
pinterest
 
Instagram