ニュース

ギア穴加工砥石

August 26, 2022

ビトリファイドボンドCBN研削ヘッドビットは、歯車の内穴加工に最適です。コランダム研削ヘッドも歯車の穴加工に使えますが、浸炭後の歯車の表面硬度が高くなったため、そして、コランダム砥石は研削中に形状保持力が低いため、正常な作業を確保するために頻繁にドレッシングする必要があります。

ギア穴研削用砥石

歯車材料は一般的に炭素構造用鋼(Q255、Q275強度、高い可塑性と良好な靭性)、合金浸炭・低焼入 20MnZ、20MnZ、20MnV、20Cr、20RcV等を使います。でも、合金浸炭・低焼入 20MnZ、20MnZ、20MnV、20Cr、20RcVは小さな歯車を作るために使います。焼入れ 20CrMn、20CrMnTi、20CrMnMoは自動車、オートバイ等の変速ギアを作るために使います。 高急冷18Cr2Ni4WAは、航空機やタンク等の大型歯車の製造に使います。 

ビトリファイドCBN研削砥石穴加工研削ホイール

今までの経験から言うと、やっぱり、歯車の内穴研削にビトリファイドCBN内部砥石をお客様に推奨しています。 混合、モールドプレス、高温焼成後のCBN砥粒は、高強度、高密度、抜群な切れ味、良好な形状保持を実現し、頻繁にドレスする必要がありません。 また、様々なCNC研削盤、内面研削盤、又はマシニングセンターに装着可能です。 高速研削の場合のCBN研削ヘッドは非常に優れていますが、低速(30m / s未満のライン速度等)では、あまりうまく機能しません。

 
Facebook
 
Twitter
 
LinkedIn
 
googleplus
 
youtube
 
pinterest
 
Instagram