ニュース

ねじ研削

July 16, 2022

ねじ研削はねじ研削盤で行われます。 ねじ加工研削には、シングル砥石、マルチ砥石、縦研削の3つの方法があります。

 

ねじの精度は、ピッチ、らせん形状、らせん角度(リード角、ねじ山の角度)、長径、短径、ピッチ等、多くの要素にかかっています。

ねじ研削 (2)

単刃砥石

研削する前に、砥石を歯の形状と一致する形状にドレッシングし、砥石の軸をワークの軸に対して一定のねじ角に傾けます。 ねじ研削では、被削材の回転運動とテーブルの動きが一定の膨張関係を保ちます。つまり、テーブルはワークの各回転に対応してリードを動かします。

ねじ加工

マルチエッジインフィード研削方式

研削する前に、ダイヤモンドロータリードレッサーを使用してダイヤモンド砥石をドレッシングし、山と谷を、研削方法に切り込まれた同じマルチラインリング溝を形成します。インフィード研削方式を採用した場合、ワークは2回回転します。ねじ研削の生産性は高くなる一方、加工精度は低くなります。

 

樹脂(レジン)ダイヤモンド砥石は、ビトリファイド砥石よりも形状安定性が良いが、柔軟性が高いため、特に砥石の崩れを引き起こす横方向の研削圧力がある場合は、精密研削にあまりお勧めしません。当社のビトリファイドダイヤモンド砥石は、非常に剛性が高く、研削時の横圧によって簡単に崩れがたいため、ねじ山の形状とリードの精度を高めるために使用されます。また、内面研削にも推奨します。

 


タグ:   ねじ研削 ねじ研削盤 ねじ山 ねじピッチ
 
Facebook
 
Twitter
 
LinkedIn
 
googleplus
 
youtube
 
pinterest
 
Instagram