ニュース

ダイヤモンド製造プロセスとダイヤモンド研削砥石

July 09, 2022
「ダイヤモンドは 永遠の輝き」このスローガンが最初にデビアスによって提案された時ダイヤモンドには愛の意味が与えられました。ダイヤモンドの高さと輝きは愛の永遠とロマンスを表しています。
ダイヤモンドリング
ダイヤモンドは地下数百キロメートル深さの地層で原子炭素が高温高圧で溶融および結晶化することによって形成されます。また、ほぼのダイヤモンド鉱山は雲母かんらん岩に付着していて、1億年前に地下プレートの変化や火山噴火により、マグマの噴火と共に浅い表面に運ばれました。
ダイヤモンドの形成
 
現在、ダイアモンド鉱山はオーストラリア、アメリカ、アフリカ世界各地で発見されていますが、世界で採掘されたダイヤモンドの約20%のみが宝石レベルのものです。では、ダイヤモンドはどのように採掘されるのでしょうか。
 
現在、採掘方法は4つあります。地下採掘、露天堀り、海洋採掘。でも、最も使用されているのは露天掘りです。原石の主な切断方法は、劈開、のこぎり、レーザー切断の3つです。現在の主流は、のこぎりとレーザー切断です。のこぎりの方法は、リンブロンズブレードを使用し、ブレードの端にダイヤモンドパウダーを塗布して、切断平面に沿ってカッティングすることです。ダイヤモンドの切断ダイヤモンドのカット
各カラットは4〜6時間の切断プロセスを経る必要があります。レーザー切断法は現在最も一般的な切断方法です。レーザー切断は、より高い精度、より高い切断効率になる同時に、ダイヤモンドの損失も少なくなりました。カットされたダイヤモンドは、縁取りと成形する必要があり、設計されたデザインに従って、ダイヤモンドをラウンド、ハート、オーバル、エメラルド、またはその他の特殊な形状に研磨します。ダイヤモンドの縁取り加工は、全過程において非常に重要です。
ダイヤモンド研削
ガードル研磨効果の良し悪しはダイヤモンドのサイズとファイアグレードを大きく左右します。このプロセスではビトリファイドボンドダイヤモンド研削砥石を使用します。このプロセスでは、砥石のラジアル振れ、砥石の切れ味、形状保持性が求められます。砥石振れが大きすぎるとダイヤモンドの損害になるかもしれません。また、砥石の切れ味が良くないと、加工効率が大幅に低下します。そのため、優れたダイヤモンドは、優れたダイヤモンド砥石と切り離せません。ダイヤモンドのポリッシングは、お客様に届く前の最後のストップです。
 
ダイヤモンドリング (3)ダイヤモンド研磨
研磨ディスクにダイヤモンドパウダーと潤滑油をかけ、すべてのファセットを研磨します。これは、ダイヤモンド輝きを解き放つための重要なステップです。底面に大きな8つのパビリオンメインファセットを挽いてから、16のロワーガードルファセットに加えて、合計25のファセットを作成し、これからスターファセット、ベゼルファセット、および腰のファセット、合計33のファセットまで延長します。このように、ラウンドダイヤモンドには58個のファセットがあります。これらの58個のファセットは、ダイヤモンドカットの品質に直接影響するため、特定数値範囲内でのダイヤモンドカットの最も標準的な比率は「パーフェクトカット」と呼ばれます。このようなダイヤモンドは、最も眩しくて、絶品です。最後に、さんざん旅したダイヤモンドに繊細な腕を加えると、これで完成で、お客様の薬指にたどります。ダイヤモンドウエストライン研削において、当社の ビトリファイドボンドダイヤモンド砥石は切れ味が良く、セルフシャープニング能力が良く、ダイヤモンドウエストライン研削を効率的に完了する同時に、ダイヤモンドの割れや破損を起こしにくいものです。
ダイヤモンド研磨用ダイヤモンド研磨砥石

タグ:   ダイヤモンド製造プロセスとダイヤモンド研削砥石 ジュエリー産業用ツール 研削砥石 研磨ディスク
 
Facebook
 
Twitter
 
LinkedIn
 
googleplus
 
youtube
 
pinterest
 
Instagram