ニュース

ビトリファイドボンドダイヤモンド砥石でPCDツールチップブレーカを加工

May 18, 2022

pcdインサート

ビトリファイドボンドダイヤモンド砥石で加工されたPCDツールチップブレーカ

 

pcd研削インサート

 

切りくずが切られず旋削工具やワークに巻き付いていると、旋削に影響を与えるだけでなく、加工完了面に傷を付けたり、トラブルにもなります。 カッター面にチップブレーカーを研削する目的は、チップに内部応力を発生させ、チップがチップブレーカーを通過するときにチップを変形させて破壊させることです。 実際の操作では、ビトリファイドボンドダイヤモンド砥石を使用してPCDツールのチップブレーカーを加工し、PCDツールの切削効率を向上させ、研削精度と面粗度の要件を満たし、コストダウンを実現できます。

ビトリファイドダイヤモンド砥石でPCDツールのチップブレーカーを加工する場合、研削精度を確保するために、粗砥と仕上げ砥の2つのプロセスに分けられています。

pcdカッター

ビトリファイドボンドダイヤモンド砥石

当社のビトリファイドボンドダイヤモンド研削ホイール

 

荒砥の時注意すべきこと:

*1.研削の開始位置は、工具先端と主刃先からの距離を保つ必要があります。

通常、開始位置からツールノーズまでの距離は、チップブレーカの長さの約半分です。主刃先からの距離は、チップブレーカの幅の約半分です。

 

*2.旋削工具のすくい角を確認します。

旋削工具は、旋削工具のシャンクの底面と砥石の側面角度がすくい角とほぼ等しい角度になるように回転させ、上の位置に注意してください。チップブレーカー。 平行切りくずブレーカの場合は、主刃先と平行にする必要があります。研削中は、主刃先が砥石の側面と平行になる必要があります。外傾斜および内傾斜の切りくずブレーカの場合は、主刃先との間に一定の角度が必要です。研削するとき、主刃先も砥石の側面との間に一定の角度が必要です。

 

*3.研ぎの際は力入れすぎが禁止。

旋削工具はバーの方向に沿ってゆっくりと上下移動する必要があり、工具先端は常に砥石の中心から主刃先までの垂直線の前にある必要があります。そうでないと、そうしないと、チップブレーカーのフロントポートが破損しやすくなります。 主刃先のサイズや形状を変更することはもちろん、主刃先でチップブレーカを研削することはできません。切りくずブレーカを荒砥して成形する場合は、送りと同程度の主刃先との距離を確保し、研削ネガティブ面取りの刃先の厚みを維持する必要があります。

 

*4チップブレーカーの形状、位置、すくい角を繰り返し確認します。

チップブレーカの形状が基本的に研削され、荒削りが終了するところ、旋削工具の上下運動を小幅にし、砥石がチップブレーカの後端にあるときに旋削工具を引き抜く必要があります。

 

チップブレーカーが荒砥完了したら、仕上げ砥を続けることができます。

仕上げ砥中は、旋削工具の研削位置が荒砥の最終位置と同じであることに加えて、砥石の正しいドレッシングも肝心であり、つまり砥石の研削部分(砥層)をチップブレーカーの要件を満たす形にドレッシングする必要があります。旋削工具は上下運動する時ゆっくりで力均一にすること。チップブレーカのサイズと位置が要件を満たし、お求めの表面粗さに達したら、仕上げ砥完了です。

 


タグ:   ビトリファイドボンドダイヤモンド砥石でPCDツールチップブレーカを加工 ビトリファイドボンドダイヤモンド研削砥石 ビトリファイドボンドダイヤモンド研削ホイール pcdインサート pcdカッター
 
Facebook
 
Twitter
 
LinkedIn
 
googleplus
 
youtube
 
pinterest
 
Instagram